2009年02月23日

ORACLEテーブルからINSERT文のSQLファイルを作成する

私はORACLEデータベースをちょくちょく使う。

そこで、DBテーブルのレコードをバックアップする為に、INSERT文を含むSQLファイルを作成することがある。
(Inport/Exportでも十分事足りるのだが。)

以前は、バッチやマクロなどを駆使して手作業で作成していたが、自動化したいのでツール(フリーソフト)を作ってみた。

その名も「Make Insert SQLexclamation×2
略して「MIS」(エム アイ エス)exclamation&question

・・・いまいちイケてない名前exclamation&question

それはさておき、今回はめずらしく「C#」言語で作ってみた。
C#は、.NET2.0 ぐらいから「流行ってる感」が増してきたと思う。

:::

さて、機能的にプログラムでやるべきことは単純だ。
 ・ORACLEサーバーにログインする。
 ・テーブルの一覧を取得して表示する。
 ・選択されたテーブルのレコードを取得してSQLファイルに書き出す。
これだけ。

あと、ついでにレコード取得の条件を指定できるようにする。
高速化にも若干気を使って、メイン処理はマルチスレッドにする。

:::

そして、ようやく出来上がり。るんるん

動かす時の前提条件は2つ。
・Oracle Client 9iR2以上が使えること。(8iでも動くかも。)
・Microsoft .NET Framework 2.0以上が使えること。

さっそく動かしてみる。

:::

起動
とりあえず実行してみると次の画面を表示する。
(メイン画面)
scr1_main.jpg


接続
ORACLEサーバー名、ユーザー名、パスワードを入力して「Connect」ボタンを押すと、テーブル名の一覧を表示する。

scr2_main.jpg

※ サーバー名にはORACLEの「ネットサービス名」を指定する。
  →tnsnames.oraに追加定義する名前。


条件設定
「TBL_TEST1」に対してSQL抽出の条件を設定してみる。
条件設定しない場合は「出力」にスキップする。

「TBL_TEST1」を選択した状態で「Condition」ボタンを押すと、次の画面を表示する。

scr3_condition.jpg

「Condition」の欄にはSELECT文のWHERE以降を入力する。
今回は「WHERE ID > '000'」を指定してみた。

条件入力後「OK」ボタンを押すと条件設定画面を閉じてメイン画面に戻る。

scr4_main.jpg

(「Condition」欄に入力した値が表示される。)


出力
出力対象のテーブルにチェックを入れ、「Export folder」に出力先のパスを入力する。

「Append schema name」にチェックを入れると、出力結果のSQL文(INSERT文)のテーブル名にスキーマ名を付加する。
(今回の場合「TEST.」が付く。)

scr5_main.jpg


「Export!」ボタンを押すと処理が開始し、処理中の進捗状況を表示する。

scr6_progress.jpg


出力が終わると結果ダイアログを表示する。

scr7_dialog.jpg


結果
出力先のSQLファイルは次のような内容になる。

scr8_result.jpg


実行ファイル
ココ↓からダウンロードできる。
mis_v1000.zip


おやくそく
一応、お約束ということでコメント。
ここで公開しているソフトを使ったことで問題や障害が発生しても一切責任は取らない為、実行は自己責任で行うべし。


・・・ふぅ〜。ダッシュ(走り出すさま)

今回はブログの記事を書くのに結構時間をかけてしまった。あせあせ(飛び散る汗)

・・・近いうち「窓の杜」と「ベクタ」に登録してみようかな。


その他(ひとりごと)
最近、フリーソフトを作成して思うことは「自分で自分の首を絞めている」と感じてならない。

エンドユーザーにとっては無料で使えて便利と思われるかもしれないが、世の中にフリーソフトが出回ると有料ソフトが売れにくくなる。
つまり、ソフト開発者は儲からなくなってしまう。ソフトの価値も下がる。

ソフト開発者の先行きが不安だ・・・と、ネガティブに考えても何も解決しない。

ラクして儲かるような、いいアイデアでも浮かび上がればいいのだが・・・。


・・・無料ソフトに広告を組み込んで、エンドユーザーが使うと作者に広告収入が入る仕組みとかどうだろう。
(やり方によっては訴えられる危険性があるか。)

それか、エンドユーザーが無料ソフトを使ってる間、ネット回線とCPUパワーをちょっぴり借りて、そのパワーを集結してグリッドコンピューティング網を構築する。
その処理能力を研究機関などに提供して、作者はその対価をもらうのはどうだろう。

これが成功すると、クリエイターとエンドユーザーが WIN-WIN の関係になるだけではなく、研究機関なども加わって、WIN-WIN-WIN でみんながハッピーだ。ぴかぴか(新しい)
(昔、似たようなことをアメリカで実験として行われてた。)


・・・まぁ、夢物語ということで。あせあせ(飛び散る汗)


・・・もしよかったら、右上のバナー広告をクリックしてほしいな・・・。
 m(_ _)m
 
posted by かねやん at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

チョコレートで集中力低下を予防する

朝から晩まで勉強しようと気合を入れても、2時間ぐらい経過すると集中力が落ちて、頭に入らなくなる。
眠気とともに「あくび」を連発することもある。
・・・脳が疲れて酸素ブドウ糖が不足している状態だ。

昔はそんな経験が多かった。

しかし「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言われるとおり、経験に学んだことで、今は幾分か改善している。

どのように改善したかと言うと、勉強の合間にチョコレートを食べることにしている。
これは、脳内の血糖値を上げるためと、チョコレートの効用による集中力向上が理由だ。

官僚やエリートの中には仕事の合間にチョコレートを食べる人がいるということもヒントになった。


それはさておき、最近、コンビニで「ぶどう糖チョコレート」という商品を見つけた。
これこそ私が望んでいたものだexclamation」と思って、さっそく購入。¥138だった。

普通に「ぶどう糖」を購入するよりリーズナブルだし、チョコレートとして、ただおいしいだけではなく、それ以上の付加価値が付いていることが気に入った。

勉強家、登山家、アスリートなどは、必要に応じて純度の高い「ぶどう糖」を食べたりするようだが、私の場合チョコレートは外せないところ・・・。

ただ、余分な脂質を取り過ぎないように注意しなければっ!

それにしてもバレンタインデー付近はチョコレートが買いづらい感じ・・・。


・・・もしよかったら、右上のバナー広告をクリックしてほしいな・・・。
 m(_ _)m
 
posted by かねやん at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

サラ川で気分転換

ひさしぶりに「サラリーマン川柳」を見た。
クスッ」と笑えるようなものが多数あった。

・・・「サラセンだ クスッと笑い プチ元気」みたいな。^_^;

[第一生命 サラリーマン川柳 100句]
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/best100.html


・・・もしよかったら、右上のバナー広告をクリックしてほしいな・・・。
 m(_ _)m
 
posted by かねやん at 01:07| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ビジネス書籍で良書を選定する

数あるビジネス書籍のうち、良書に出会う機会は(私の場合)ごくまれです。

さすがに悪質な本は読みたくないので、少し前から良書を紹介しているような本やサイトを見ています。

そこで、少し前に読んだ「10年後あなたの本棚に残るビジネス書100」という本が、なかなかGOODでした。
著者は、神田昌典さん+勝間和代さん。



近年、本屋で勝間和代さんが書いた本を目にする機会が多いと感じています。売れっ子的な存在なのかなexclamation&question

1つ驚いたのが読書の量。
多い場合は1ヶ月に100冊読むそうです。スゲーexclamation
年間少なく見積もっても1万冊。スゲーexclamation ・・・私の100倍か。あせあせ(飛び散る汗)

それはさておき、良書100冊紹介されていたうち、なんと私が読んだ事がある本は、たったの1冊...。ふらふら

読書不足なのか!?本の選定が悪すぎるのか!?

本から知識を得るようなインプットより、知識を活かしたアウトプットのほうが大切であることは重々分かっているものの、「もっとたくさん良書を読まなければっexclamation」という焦燥感に駆られている今日この頃です。^_^あせあせ(飛び散る汗)


・・・もしよかったら、右上のバナー広告をクリックしてほしいな・・・。
 m(_ _)m
 
posted by かねやん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。